紙粘土の人形作り    紙粘土の工作 トップ  > 紙粘土の人形作り 
1、ティシュペーパー、針金入りのビニール、テープで骨組を作る。 ビニールの付いた針金は、お菓子や食品の袋の閉じに使って有ったもの再利用、左のプラスチックの棒は、使い捨てマスクの中の芯です。ここには、プラスチックだけの物とお菓子に使う針金入りの物と2種類、種類により中が違います。写真は、頭だけティシュを巻き紙粘土を少し付けて有ります。 2、だいたいの形に、作ったところ。    3、髪の毛を付けて、手を細く首、ウエストを絞めて、ベルトをつけ、手の指をハサミで分け 顔の鼻を高くして、、、など、、。乾燥待ち
 
 4、乾いたので、色塗り。アクリルガッシュで、塗る。成形が下手なので、凸凹です、筆先が、入りにくく塗りにくい。塗るのも上手くない。
 何とか塗ったので、水性二スは、10−20分のすれば塗れるが、塗り絵マンの私は、塗り絵があるので、明日塗ります。
 5、水性二スを2度塗る。完成。
・いくつも、気になる所ありです、そして、つぎが、楽しい〜。

 
  スポンサード リンク
Copyright (c) クレヨン則さん All rights reserved  クレヨン似顔絵集